【占星術】夢が現実化する新月の願い完全マニュアル


今回は新月のパワーを活かして夢の実現を早めていく法則、 「新月の願い」についてお話ししたいと思います。 新月の願いごととは何なのでしょうか。

その前に、まず夢の現実化の大原則からお話しします。

「自分の願いを意図し、種まきを行い、行動し実現化していく」 この原則が、私たちの現実を作り上げているのが原則です。 これを宇宙のパワー、天体の周期という強力な味方をつけて、 より実現化のスピードを上げていくのが、「新月の願い」です。

具体的に何をするかというと、新月のタイミングで自分の願い事リストを書きます。 それだけなのでとっても簡単です。


新月の日に願うのはなぜ?

新月は29.5日の周期の、新しいスタートのタイミング。 この日に種まきした植物はうまく成長したり、 新しいことを進めるのに良いタイミングです。 願ったことが29.5日後の次の新月で叶うとは限りませんが、 種まき〜成長〜排出〜収穫という一定の周期の中で、 願いを意図するのは新月の時期がベストだと言えます。

新月の願いのルール

新月に単にお願いしても良いのですが、長年の歴史の中で 占星術やスピリチュアルの専門家たちが見つけた 最も効果的な願いのリストの作り方があります。


宇宙に思いを載せる場合は、デジタルでは無く手書きで書くことが推奨されています。 また、自分が納得しやすい自分の感性にあった文章であることも大切です。


あまりに願い事が多いと、意図するエネルギーが分散されてしまうと考えられています。 また、1つだけなのも、その願いだけに固執してしまうので、避けたほうが◎。


どの法則でも言われていることですが、他人を変えることはできません。 願い事は自分のことに言い換えてその問題に向き合いましょう。 例えば、好きな人がいたとしても「〇〇さんに好きになってもらう」ではいけないのです。 「好きな人に自信を持って話しかけられるよう自分を磨く」という風に願いの書き方を工夫してみましょう。


宇宙や自分は、否定の言葉を認識できません。 「貧乏にならない」と願ったとしても「貧乏」という言葉は 頭に意図されてしまうのです。 「豊かさを受け取る」「月〇〇の収入を得られる状況を作る」など、 肯定的な文章で作りましょう。



願いが多く、色々詰め込んだ文章になることがあるかもしれませんが、 意図を明確にするためにも、文章は一つのテーマに絞ります

また反対に、出来るだけ叶えたい強い願いがあった場合、 様々なアプローチで書き分けることが大切です。 「恋愛運を上げたい」という願いがあった場合、 「連絡をできるようになる」「自信が持てるように身なりを研究する」 「恋愛に関するトラウマを消す」など

多角的に自分の課題に向き合った書き方でいくつか書くと強力です。


願いにはすぐに叶うものと、時間がかかるものがあります。 また、願いによっては、その月に伝わりにくいテーマもあります。 出来るだけ毎月書くことで、様々な星座の力を受け取って夢を叶えることができます。 また、後から振り返って、かなっている事を確かめることもできるでしょう。


願いのリストを毎日見直す必要はありません。 意図した瞬間から宇宙にメッセージは届いています。 なので手放しながら、リラックスして過ごしましょう。 ただ、宇宙に自分からも協力できるように、 簡単にできそうな行動があれば起こしてみましょう。 願いが叶うスピードがはやくなります。


いくら願い事を書いていても、自分が願っていない事を書いても願いは叶いません。 「お金持ちになりたい」という願いを書いたとしても本当に求めているのは お金じゃないこともあります。 本当は「仕事に追われない生活」なのであれば、 「仕事量を少なくする」と願うほうがフィット感もあります。 お金を得られることで旅行をしながら生活する事を求めている場合もあるかもしれません。 その場合は、「旅行しながら働く」が本当の願いになります。 願いを書く際にはぜひ、本当の気持ちに向き合ってみてください。

 

毎月の習慣に

書いたメモは保存しておいても、破棄しても問題ありません。 一年後に見返してみるのも面白いでしょう。 長年続けた私が思うのは、 願いを決めるというのは、自分との向き合うための時間という事です。 昔は、恋人もいないのに、理想的な男性を書いてしまったりと 遠回りなお願いもしてきました。 寂しさや感情に溺れると冷静な願いもできません。 今思うのは、それよりも私に必要だったのは、 自分自身への信頼と自信をつける事だったのに。 ですが、遠回りも無駄でかなかったと思います。 なので、皆さんは、「私は本当は何がしたい?どうなりたい?」と 自分自身と強く向き合う事を毎月の習慣にしていただきたいと思っています。 Twitterにて毎月の新月のお知らせをしています