【西洋占星術】2020年12月の月間星占い



2020年12月の全体的な星の解説

“占星術的な大きなターニングポイント。それぞれの星座が次の段階に進む。

「こうなりたい」をイメージして理想を描くタイミング”


12月は占星術的にとても大きな出来事が起こります。

これまで山羊座に滞在していた木星と土星が水瓶座に移動します。12/17に土星が、12/19に木星がそれぞれ水瓶座入りし、12/22に2つの星が重なり合うグレートコンジャクションが起こります。

社会性に影響する木星と土星の接近は、社会の大変革、または新しいの時代の象徴とされるイベントです。


とはいえ、あなたにとって分かりやすく特別なことが起こるとは限りません。星の影響は見えないところで起きることが多いのです。しかしこれまで200年ほど続いた地の時代から、風の時代の転換のタイミング。私たちも新しい時代に乗れるように、前向きに意識を変化させる良い機会になるでしょう。


水瓶座は、友好と進歩の星座。多様性の中で生きていくことを意識する星座です。特に土星の水瓶座は相手に対する許容力が求められます。星座がじわじわと移動していくように、私たちの価値観も少しずつ歩みを進めなければいけないのかもしれません。


太陽は11/23に射手座入り。射手座は理想や自由を求める星座です。理想を描きどこに進んで行くか決めるのに適した時期。完全に風の時代に移行する2023年くらいまでに、自分の向かう先を決められると夢の実現が早いはず。

12/15には射手座で新月(日食)12/30には蟹座の満月です。日食は特にエネルギーが増す日だと考えられています。やりたいことをスタートさせたり、理想を描くのにぴったりのタイミングです。

12/22には太陽も山羊座に移動し、再び空気は地の星座のムードを纏います。これに対しては、何度も土を練って壊してまた練り直す陶芸家を想像してしまいます。同じ素材でも何度も練ることでまとまりのある存在に変化する、それと同様に私たちも切磋琢磨して自分自身を鍛錬していく気がしています。

 

牡羊座<3/21-4/20生まれ>

「世界が広がるタイミング。自分の影響力を拡大させていく」

これまで「目標達成の部屋」に滞在していた土星と木星が、12月に「集団・社会性の部屋」に移動します。今年は自分の中でもやりきったと感じられる出来事が多かったのではないでしょうか。目に見える成果が出たかもしれません。そんな分かりやすい結果はなかったけれど…と思える人も、他者から見ると「ものすごく精力的に頑張っている」と見られているかもしれません。手応えがなくとも、階段を登るような1年でした。


今月は、次はどんなことをやっていこうかとたくらむような1ヶ月です。今月の後半以降、あなたは自分の実力を周囲のために使っていくことになります。集団・社会性の影響が強まり、自分の仕掛けたことが多くの人を幸せにしていくのです。集団の規模は様々ですが、友人のグループかもしれませんし、100人、1万人、100万人といった多くの人に影響を仕掛けることも可能です。インターネット時代である現代、何ができるかこれまでの枠に捉われなくてもいいのかもしれません。私は何がしたいのか、どんな形で楽しんでいこうか、なんて考えていくのにぴったりの1ヶ月になりそうです。


12/15は理想と遠い世界の部屋で新月。目指すべきところが見えてくる日。

12/30は家・家族の部屋で満月。自分の生活環境が満たされる日。


 

牡牛座<4/21-5/21生まれ>

「成果を出すために。いろんな人の力を借りる」

これまで「理想」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「目標達成」の部屋に移動します。 この1〜2年の中で、自分のあるべき姿を模索して、理想に向かって突き進んでいたのかもしれません。

具体的な目的地が見えた人もいるでしょう。まだぼんやりとしている人も、1つ視点が上がって、視野が広がったのは間違いないはず。チャレンジしたいことが増えていくような1年でした。


来年以降、徐々に成果が見え始めます。これまで植えた種から芽が出るような輝かしい1年の始まりです。そして今月は、人からチャンスや手助けをもらえそうなタイミングです。誰よりも堅実で、しっかり者な牡牛座のあなたですが、この時期は苦手なことを誰かに手伝ってもらうのも良いでしょう。例えば、あなたは変化に対して得意じゃないところがあるかもしれません。もし何か変えたいことがあるなら、周囲の人に無理やり変えてもらうのもアリです。人の力を借りやすい時なので、いつもより頼る気持ちで、受け取るスタンスで過ごすのがおすすめです。


12/15はギフトの部屋で新月。何かチャンスやきっかけが生まれそうな日。

12/30は好奇心の部屋で満月。これまでの知的活動が満たされる日。


 

双子座<5/22-6/21生まれ>

「人間関係のクライマックス。一緒に歩む仲間に出会う時」

これまで「ギフト」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「理想・遠い世界」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、人と協力し合った上で何かを成し遂げたり、ともに活動して生み出すことが多かったのではないでしょうか。贈り物やチャンスをもらったり、権利を譲り受けたり。もしくは子供ができたりするようなタイミングでした。人と人との深い関係から大切なものが生まれる、今月はそんなムードのクライマックスを迎えます。


12月後半以降、2021年はもっと自分の夢を考えることになります。自分のやりたいことや夢に向かって種まきをしたり、活動範囲を広げる人も多いでしょう。12月は人との出会いも大きなテーマになります。これまでも多くの人と関わる運気でしたが、今月は特に一対一でじっくり話すことが大事なようです。相手の人となりをしっかりと感じ取り、深く知ることが幸運の鍵となります。今月の出会う人との中から、来年以降一緒に夢を追う人が出て来るかもしれません。


12/15は人間関係の部屋で新月。大切な出会いが始まる日。

12/30は生産・金銭の部屋で満月。感覚や経済活動の満たされる日。

 

蟹座<6/22-7/23生まれ>

「相手のために動く時期。人との距離感を学ぶ」

これまで「人間関係」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「ギフト」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、人間関係を通して学び考えさせられることが多かったのではないでしょうか。大好きな人との時間を大切にすることももちろん、相手とのすれ違いを通して否応無しに成長するシーンもあったはずです。この宇宙において、人と人が出会うということは、全てに意味があると言います。基本は自分と同じエネルギーとしか出会いませんが、時にあなたにメッセージを与えるために、宇宙が必要な出会いをセッティングしている可能性があります。


今月以降は、その出会いから新たなギフトを得られそうな気配なのですが、12月はどちらかというと相手に尽くすような雰囲気です。自分以外のことで予定が決まったり、調整したりと忙しくなるムード。蟹座のあなたは大好きな相手に尽くしすぎる傾向もあるので、自分の気持ちを無視しないことが大切です。自分と人との距離感を図っていく、そんな1ヶ月になりそうです。


12/15は義務と健康の部屋で新月。新たな役割やミッションが発生するような日。

12/30は本人の部屋で満月。アイデンテティが満たされたり完成する日。

 

獅子座 <7/24-8/23生まれ>

「プレッシャーから解き離れて、愛を生きる」

これまで「義務と健康」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「人間関係」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、ものすごく頑張っているけれどなんだか自分本来の良さが発揮し切れていない、なんて感じている獅子座の人もいるのではないでしょうか。「義務」というとなんだか硬いイメージですが、この数年は周りから期待される役割を大事にするようなとき。多くの期待に答え、周りの人に喜ばれたはずです。ですが本来獅子座は、相手の期待よりも自分の意思や創造を大切にします。相手に喜んでもらいたい気持ちと、自分の本心の間で揺れ動いていたのではないかと思います。


今月以降、2021年はそのプレッシャーは弱まり、少しずつ自分のペースを大事に動いていけます。12月は特に、あなたの本来の情熱や愛情、想像力がフルパワーになるとき。損得勘定よりも「楽しい」「嬉しい」といった感情で動いてください。あなたにとって一番大切なのは、本当に楽しめること、と再認識できるはずです。


12/15は愛と創造の部屋で新月。楽しいことがしたくなる日。愛が生まれる。

12/30は無意識・エネルギーの部屋で満月。見えないところでエネルギーが満たされる日。

 

乙女座<8/24-9/23生まれ>

「相手のために、まずは自分のベースを整える」

これまで「愛と創造」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「義務と健康」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、今を楽しみたい、もっとワクワクすることを増やしたいという気持ちが増えている人もいるのではないでしょうか。クリエティブな活動に時間を費やしたり、愛するパートナーを見つけた人もいるはずです。引き続きそのムードは続きますが、今月以降2021年は「自分がもっと活躍できる役割はなんだろう」という気持ちが高まっていきます。


「義務・役割」と聞くと堅苦しい響きに感じますが、実は乙女座にとってこのキーワードは得意なテーマです。12星座の中でも奉仕の気持ち強い乙女座。みんなが快適になるにはどうしたら良いか、と行動していくのはとても得意なのです。とはいえすぐに行動を起こすわけではなく、今月は自分の環境を見直していくことがテーマ。相手を幸せにする前に、まずは自分が幸せな状態でなくてはいけません。「自分が安心できる場所」を作り上げて、来年以降元気よく過ごせる環境を整えていく1ヶ月になりそうです。


12/15は家・家族の部屋で新月。居場所に新しい物が入ってくる日。

12/30は集団・社会性の部屋で満月。周囲との関係が完成しひと段落する日。

 

天秤座<9/24-10/23生まれ>

「やりたいことをリストに、胸躍らす」

これまで「家・家族」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「愛・創造」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、自分の環境を整えたり、引っ越ししたり、居場所について考える時間が多かったかと思います。家族が増えたり、身内との関係性についても変化があったかもしれません。家や家族というキーワードは、人によって受け取り方が変わる言葉ですが、天秤座にとっては調和のとれた豊かな関係性をイメージします。生活の基本である居場所を整えることで、あなたの人生の軸を探ってきたのではないでしょうか。


今月以降2021年は、家から飛び出して外に出ていくような空気に変わります。周囲とのバランスよりも自分の個性を中心に考えるようにしてください。特に12月は、あれもしたいこれもしたいと頭の中が忙しくなるイメージです。新しいことにチャレンジしたり、誰かを誘って交流するのにベストな時期。来年以降のやりたいことリストを胸に、胸躍らす年末を迎えそうな気配です。


12/15は好奇心の部屋で新月。新しく学びたいことが出てくるような日。

12/30は目標達成の部屋で満月。社会的な存在としての自分が完成する日。


 

蠍座<10/24-11/22生まれ>

「経済的な面から、自分の大切なものに向き合う」

これまで「知的好奇心」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「家・家族」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、文字通りの勉強に力を注いできた人も多いのではないでしょうか。物事に対する本質を大切にする蠍座。生半可な学びではなく、自分を鍛えたり、周囲を幸せにするため強くなろうと学んできたのではないかと想像します。そのため、少々忙しない1年間だったかもしれません。今月以降2021年は、バタバタも落ち着き、集中するポイントを絞り込んでいくことになります。


一点集中型の性質がある蠍座。居場所を整えていく=大切なものにしっかりと力を注ぐ、のではないかと思います。大切なものを絞り込んでいくことは、蠍座にとって苦にならないはず。12月は特に、自分の経済回りを整えていくことになります。スピリチュアル的にお金はエネルギーの一種。お金の無駄づかい=エネルギーのかけどころが分散していると捉えます。まずは経済的な面から自分の大切なものを探っていき、自分の本当に大切なものに向き合っていくのかもしれません。


12/15は生産・経済の部屋で新月。新しい経済活動が始まるタイミング。

12/30は理想・遠いところの部屋で満月。理想の世界が完成する日。

 

射手座<11/23-12/22生まれ>

「パワーのかけどころを見直し、なりたい姿を思い浮かべる」

これまで「生産・経済」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「知的好奇心」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、自分の働き方や収入、ワークライフバランスについて試行錯誤した人も多いのではないでしょうか。収入が増えたり、逆に労働を減らして、自由な時間を増やした人もいるでしょう。スピリチュアル的にお金とはなんなのでしょうか?自由に選択できる力、相手を動かすことのできる力、欲しいものを手に入れるための力…つまりは自分のエネルギーの分身のだと思います。数年をかけてあなたは自分のエネルギーをどこに割くかを見直していたのかもしれません。 今月以降2021年は、射手座本来の好奇心や突き進む力が増大します。多くのことを学んでいきたいという気持ちになるでしょう。その上で12月は、「こうなりたい」姿を胸に描くタイミングです。 夢や理想を描く能力は、12星座の中でも一番と言える射手座。制限をかけることなく、どんなことにチャレンジしようかと想像するのにベストタイミングです。今月思い浮かべることで、2021年以降での実現化が早くなっていくことでしょう。

12/15は本人の部屋で新月。自分について新しい目標を意図する日。

12/30はギフトの部屋で満月。贈り物やチャンスをもらえそうな日。

 

山羊座<12/23-1/20生まれ>

「アイデンティティの鍛錬の終了。自分を褒めて癒す」

これまで「本人」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「生産・経済」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、自分の力が拡大したように感じる人もいたのではないでしょうか。一方で、新しいことに取り組んで、自分の力が制限されていると感じるシーンもあったはず。この1年間は、自分のアイデンティティを鍛錬するような時間でした。


今月以降2021年は、経済活動や生活の充実について考えていくことになります。経済活動というと、主に収入ですが、お金はスピリチュアルでいうとエネルギーの一種。働いている人は、自分のできることを増やすために収入に向き合っていくでしょう。働いていない人も、お金に対して向き合ったり、もしくはお金以外の力で生活が豊かになることを考えていくでしょう。

とはいえ12月は、これまで頑張った自分を癒し、ひと休憩するときです。精神的なエネルギーを充実させるのにぴったりの時期なので、焦らず心が満たされる行動をとりましょう。神社仏閣に行く、家での癒し時間を増やす、などがおすすめです。この1年の頑張りを自分自身で讃え、誇りに思う年末を送ってみてください。

12/15は見えないもの・エネルギーの部屋で新月。新しいエネルギーの影響を感じる日。

12/30は人間関係の部屋で満月。人と人の対話から満たされるような日。

 

水瓶座<1/21-2/19生まれ>

「あなたの星座の力が強くなり、周囲に影響していく」

これまで「無意識」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「本人」の部屋に移動します。この1〜2年の水瓶座の運勢は、エネルギーの質の変化が起きたイメージです。他の星座と比べてわかりやすい運気ではないのですが、なんとなく今いる場所の卒業を感じたり、内面から変革しているような1年間でした。今月以降2021年は、まさにあなたの星座の年になると言えます。2021年以降本人の自覚できるところで新しいアイデンティティを構築して行くことになるでしょう。これまでの自分のイメージを自分で変化させることができます。 そして12月は「周囲への影響力」がテーマになります。もともと水瓶座の得意分野である友好的な力が増幅し、もっともっと周りの人と関わって行くことができるでしょう。水瓶座は、自分自身ももちろん、周囲の人も幸せでなければいけない星座です。この時期、あなたは周りのことをより知り、この先の未来で皆を巻き込んで、先導していく存在になるのかもしれません。

12/15は仲間・社会性の部屋で新月。周囲との関係が新しく生まれる日。

12/30は義務・健康の部屋で満月。周りのためにやったことや、役割が完成する日。

 

魚座<2/20-3/20生まれ>

「みんなで目標達成の喜びを分かち合う」

これまで「仲間・社会性」の部屋に滞在していた土星と木星が、12月には「無意識」の部屋に移動します。この1〜2年の中で、多くの人に影響したり、仲間のことを考えてきたのではないでしょうか。「仲間・社会性」の部屋の本質的なテーマは、多くの人と幸せを共有していくことです。この1年間、自分の幸せはもちろん、皆で幸せになるためにどうしたら良いかを考えてきたはず。そして今月以降は、あなたの内側の見えない部分での変革が起きていきます。


さらに12月は、やりきったと思えるような出来事が起こる予感です。これまで取り組んできたことが形になったり、成果が出たり結果が出たりするタイミング。喜ばしい一方で、もっとこうしたいと思うこともあるかもしれません。ただ成果が出るだけではなく、心から満たされることが魚座にとって大切だからです。嬉しいこと、嫌なこと、全て自分で感じ取ることができてしまうのが魚座の良さ。ここで気づいた自分の本音を大事に、2021年は自分の本心にしたがって自分を変革させることになるでしょう。


12/15は目標達成の部屋で新月。新しい目標を設定するような日。

12/30は愛・想像の部屋で満月。情熱をかけてきたものが完成する日。